BLOG

ミシェル・ゴンドリーとグリーン・ホーネットとPV

2011年3月17日

ビョークのPVで一躍有名になったミシェル・ゴンドリーの『グリーン・ホーネット』観ましたか?ボクはまだです、見逃してしまいました・・・。

ミシェル・ゴンドリーはもともとPVですごいなーと思っていたのですが、映画ではヒューマン・ネイチャー以降はあまりぱっとしなかったというか、ちょっとインに入りすぎたような感じがしていました。

とはいえ、今調べてみると、ブルックリンのヒップホップカルチャーをバッチリ捉えた『ブロック・パーティー』と、ジャック・ブラック主演の『僕らのミライへの逆回転』を監督しているんですね。『僕らのミライへの逆回転』はつまらなかったような気がしますが、『ブロック・パーティー』はなんといっても出演者がカニエ・ウェスト、エリカ・バドゥ、コモン、ザ・ルーツ、モス・デフ&タリブ・クエリ、そして圧巻なのがローリン・ヒル!ロバータ・フラックがヒットさせた『Killing Me Softly』のカバーが、すごいだろうとわかっていてもやっぱりすごいんです。

Fugees - Killing Me Softly

ロバータ・フラックバージョンもまた素敵ですよ。
気に入ったら、歌詞がすごくいいのでぜひ訳してみるか、下記サイトをどうぞ。

http://lapommedeterre.cocolog-nifty.com/discover_kagoshima/2006/02/killing_me_soft.html

それはともかく、ミシェル・ゴンドリーが監督したCibo MattoのPVが天才です。
画面2分割でストーリーが進んでいくのですが、予想通りの手法を使いつつも唸らされます。
約4分のメメントといった感じです。

Cibo Matto - Sugar Water Cibo Matto- Sugar Water [PV]

アイデアの凄さに完敗。

それと、天才ミシェルが手がけたPVはこちら。

Kanye West - Heard 'Em Say ft. Adam Levine

The Chemical Brothers - Star Guitar

Bjork - Human Behaviour

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。