ActionScriptテックラボ

Flash Lite概要

2009年8月4日

Flash Liteのバージョンは1.0、1.1、2.0、3.0とありますが、2009年8月現在、ドコモが最新機種の一部で3.0に対応し、それ以外のほとんどは1.1までが対応となっています。多くの端末で対応されていて、機能もある程度揃っているバージョン1.1で作成するのが無難です。

各キャリアのFlashコンテンツの概要

機種対応

推奨仕様

ファイルサイズ:100k以内
画面サイズ:QVGA(320×240ピクセル)、240×240ピクセル
フレームレート:8~12fps
デバイスフォントのサイズ:12px/24px (機種によっては16px/20pxも可能)

そのほか注意事項
  • 外部へのアクセスは、ボタンを押さないとできません。
  • PNG画像は一部の機種で対応できていません。
  • 使用可能メモリは1MB程度です。
参考

デバイスフォントのサイズ

Flash Liteでデバイスフォントを使う際に注意する点は、端末ごとに使用できるフォントサイズが限られており、端末ごとにフォントが違うということです。 ほとんどの端末は12pxと24pxに対応していて、最小表示文字数はだいたい以下の通りです。

  • 12ピクセルで日本語19文字
  • 24ピクセルで日本語9文字

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。

株式会社リズムファクトリーでは現在、下記の職種について人材募集を行っております。
求人をクリックすると「求人情報サイトFind Job!」の求人詳細画面が開きますので、こちらからご応募下さい。

提供 : Webな人の求人情報サイト Find Job!