5部 関数リファレンス

delete

2011年9月20日
delete EXPR

ハッシュ要素、配列要素などの要素を削除します。成功したときは削除された値、何も削除されなかった場合には未定義値を返します。

deleteの使い方

delete $hash{'name'};
delete $array[$index]; 

リファレンスにも有効です。

delete $ref->{$key};
delete $ref->[0][0]{$key}; 

ハッシュや配列の要素すべてを削除したい場合は、deleteを使うよりも、単純に下記のようにしたほうが効率的です。

undef %HASH;
undef @ARRAY; 

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。