5部 関数リファレンス

die

2011年9月20日
die LIST

引数の値を標準エラー出力(STDERR)に出力し、特殊変数$!の値でexitします。$!の値が 0 ならば、($?>> 8)の値、($?>> 8)も 0 であれば、255 でexitすることになります。

dieの使い方

open(FH, $text) or die "... $!\n"

evalの中で使用すると、エラーメッセージが、$@に入れられます。evalは中断され、未定義値を返します。

引数の評価結果が改行で終わっていなければ、その時点のスクリプト名とスクリプトの行番号、入力ファイルの行番号と改行文字が、続けて表示されます。

dieの便利な使い方

メッセージの最後を", stopped"のようなもので終わるようにしておけば、"at script line 123"のように追加されて、わかりやすくなります。

die "Can't open /home/user/.bashsrc, stopped"; 

上記は下記のように出力されます。

Can't open /home/user/.bashsrc, stopped at *** line ***. 

exitwarnも参照してください。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。