5部 関数リファレンス

getpgrp

2011年9月20日
getpgrp PID

指定されたPIDの現在のプロセスグループを返します。PIDに 0 を与えるとカレントプロセスを指定したことになります。PIDを省略するとカレントプロセスのプロセスグループを返します。システムコマンドのgetpgrp(2) を実装していないマシンで実行した場合には、例外が発生します。POSIX版のgetpgrpPID引数を受け付けないので、PID==0のみが完全に移植性があります。

PIDについては用語集「PID」、プロセスについては「プロセス」を参照してください。

getpgrpの使い方

# 番号 70 のプロセスIDのプロセスグループを出力
print getpgrp 70,"\n";
> 1

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。

株式会社リズムファクトリーでは現在、下記の職種について人材募集を行っております。
求人をクリックすると「求人情報サイトFind Job!」の求人詳細画面が開きますので、こちらからご応募下さい。

提供 : Webな人の求人情報サイト Find Job!