5部 関数リファレンス

msgrcv

2011年9月20日
msgrcv ID,VAR,SIZE,TYPE,FLAGS

System V IPC関数msgrcvを呼び出し、メッセージキュー ID から、変数 VAR に最大メッセージ長SIZEのメッセージを受信します。メッセージが受信されたならば、VAR の先頭がメッセージタイプとなり、VARの最大長は、SIZE にこのメッセージタイプの長さを加えたものになります。成功時には"真"を返し、エラー時には"偽"を返します。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。