5部 関数リファレンス

pipe

2011年9月20日
pipe READHANDLE, WRITEHANDLE

対応するシステムコールと同じように、接続されたパイプのペアをオープンします。パイプでプロセスをループにするときには、よほど気を付けないと、デッドロックは起こります。さらに、Perlのパイプでは、stdioのバッファリングを使いますから、アプリケーションによっては、コマンドごとにWRITEHANDLEをフラッシュするように、$|を設定することが必要になるかもしれません。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。