5部 関数リファレンス

q

2011年9月20日
q/STRING/

q// は文字列をシングルクォートで囲んだのと同様です。バックスラッシュは次の文字が区切文字か、別のバックスラッシュである場合を除いて無視されます。区切文字やバックスラッシュが続く場合には、それがそのまま展開されます。

q//の使い方

print q!I said, "You said, 'She said it.'"!, "\n";
> I said, "You said, 'She said it.'"
print q('This is it.'), "\n";
> 'This is it.' 

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。