5部 関数リファレンス

qx

2011年9月20日
qx/STRING/

qx//は逆クォートを使ってシステムコマンドを実行するのと同様です。返却値は標準出力に出力された文字列になります。スカラコンテキストでは文字列、リストコンテキストでは行のリストを返します。

qx//の使い方

print qx{ date };
> Wed Jun 9 14:25:31 JST 2004

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。