5部 関数リファレンス

read

2011年9月20日
read FILEHANDLE, SCALAR, LENGTH, [OFFSET]

readは、ファイルハンドルからデータを読み取ります。第1引数のファイルハンドルから第2引数の変数に第3引数のバイト数分のデータを読み込みます。第4引数OFFSETを指定すると、指定した位置から読み込みを行なうことができます。

成功時には、実際に読み込まれたバイト数、もしくは、ファイルの終わり(EOF)の場合は0を返します。エラー時にはundefを返します。

readの使い方

open ( FH, $file );
my $line;
while( read( FH, $new, 1 ) ){
$line .= $new;
}
print $line; 

readは指定したLENGTHより多めに読み込んだりすることがあります。より細かい制御が必要な場合はsysreadを使いましょう。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。

株式会社リズムファクトリーでは現在、下記の職種について人材募集を行っております。
求人をクリックすると「求人情報サイトFind Job!」の求人詳細画面が開きますので、こちらからご応募下さい。

提供 : Webな人の求人情報サイト Find Job!