5部 関数リファレンス

require

2011年9月20日
require EXPR

引数で指定したPerlスクリプトファイルを読み込んで実行します。evalとは違い、実行する前に、指定されたファイルがまだ読み込まれていないか確認します。また、@INCに格納されたパスを検索します。
引数が数値のときは、実行中のPerlのバージョン番号と引数で指定した値を比較し、バージョン番号が小さい場合は実行を中止します。

requireの使い方

# abc.pm を require する
require "/home/httpd/cgi-bin/abc.pm";
# Perl のバージョンが 5.003 以下の場合は実行の中止
require 5.003; 

requireにパッケージ名のみを指定した場合は、拡張子のpmを省略することができます。

# abc.pm を require する
require abc; 

注意する点として、requireから実行されるPerlスクリプトには、ファイルの最後に 1 を記述する必要があります。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。