5部 関数リファレンス

reset

2011年9月20日
reset EXPR

resetは、引数で指定した変数をクリアします。通常、ループの最後に、変数をクリアし、??検索を再び動作するようにリセットするため、continueブロックで使われます。EXPRは、文字を並べたもの (範囲を指定するのに、ハイフンが使えます) と解釈されます。名前がその文字のいずれかで始まる変数や配列は、最初の状態にリセットされます。EXPRを省略すると、1回検索(?PATTERN?) を再びマッチするようにリセットできます。
カレントパッケージの変数もしくは検索だけがリセットされます。常に 1 を返します。

resetの使い方

# すべての X 変数をリセット
reset 'X';
# 小文字変数をリセット
reset 'a-z';
# ?? 検索だけをリセット 
reset;

reset "A-Z"とすると、ARGVENVといった配列もなくなってしまいますから、止めた方が良いでしょう。

パッケージ変数だけがリセットされます。
字句変数は、影響を受けませんが、スコープから外れれば、自動的に綺麗になりますので、これからは、こちらを使うようにした方がよいでしょう。myを参照してください。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。