5部 関数リファレンス

shmwrite

2011年9月20日
shmwrite ID,STRING,POS,SIZE

System V共有メモリセグメント ID に対し、アタッチして、コピーを行ない、デタッチするという形で、位置POSから、サイズSIZEだけ、書き込みを行ないます。書き込み時には、STRINGが長すぎても、SIZEバイトだけが使われます。STRINGが短すぎる場合には、SIZEバイトを埋めるために、ヌル文字が書き込まれます。成功時には"真"を、エラー時には"偽"を返します。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。