5部 関数リファレンス

sysread

2011年9月20日
sysread FILEHANDLE, SCALAR, LENGTH, [OFFSET]

システムコマンドのreadを用いて、指定したFILEHANDLEから、変数SCALARへ、LENGTHバイトのデータの読み込みを試みます。実際に読み込まれたデータの長さか、エラー時にはundefが返されます。 

  • SCALARは、実際に読み込んだ長さに応じて、伸び縮みします。
  • OFFSETを指定すると、SCALARの先頭以外の場所から、読み込みを行ないうことができます。

これは、stdioルーティンを通りませんから、他の入力関数と混ぜて使うと、入力がおかしくなるかもしれません。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。