5部 関数リファレンス

vec

2011年9月20日
vec EXPR,OFFSET,BITS

文字列EXPRを符号なしintのベクタとして扱い、引数OFFSETBITSで指定されるビットフィールドの値を返します。左辺値として、代入の対象にすることもできます。BITは、1 から 32 までの 2 のべきを値として使うことができます (1, 2, 4, 8, 16, 32)。

vecで作られたベクターは、論理演算子|&^で扱うこともできます。これらの演算子は、両方の被演算子に文字列を使うと、ビットベクター演算を行ないます。

vecの使い方

ビットベクターを、0 と 1 の文字列や配列に変換するには次のようにします。

$bits = unpack("b*", $vector);
@bits = split(//, unpack("b*", $vector));

ビット長が分かっていれば、* の代わりにその長さを使うことができます。

waitチャイルドプロセスが終了するのを待ち、消滅したプロセスのpidを返します。チャイルドプロセスが存在しないときには、-1 を返します。ステータスは$?に返されます。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。