bind導入ガイド

ループバックアドレスデータファイルの編集

2009年8月6日

named.localループバックアドレスデータファイルの編集

基本的に変更する必要のないファイルです。逆引きデータのうち、ホストが自分自身と通信するときに用いるアドレスを設定します。

データファイルの構成

ループバックアドレスデータは、次の資源レコードからなります。

  • SOAレコード
     ゾーンデータの取り扱いを設定
  • NSレコード
     ドメインを管理するネームサーバを設定
  • PTRレコード
     ドメイン名からネームサーバへの対応づけ
  • コメント
     セミコロンで始まる行は、その行の最後までが注釈扱いとみなされます

@       IN      SOA     sv.rfs.jp. root.sv.rfs.jp.  (
                            99100101    ; Serial
                                3600    ; Refresh 1 hour
                                3600    ; Retry   1 hour
                             3600000    ; Expire  1 week
                                3600 )  ; TTL     1 hour
;プライマリのDNSサーバ名
        IN      NS      sv.domain.co.jp.

;プロパイダをセカンダリにする場合
        IN      NS      xx.xx.ne.jp.

;ループバックアドレス(127.0.0.1)のPTR(逆引き)レコード
1       IN      PTR     localhost.

関連記事

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。