bind導入ガイド

自動起動と停止

2009年8月6日

mysql.serverスクリプト

 mysql.serverスクリプトは start、stop引数を指定することによりサーバーを起動、停止できます。mysql.serverの格納場所はMySQLインストールディレクトリの share/mysql ディレクトリ、または MySQL ソースツリーの support-files ディレクトリです。

・MySQLの起動
% mysql.server start

・MySQLの停止
% mysql.server stop

mysql.server はサーバーを起動時する前にMySQLがインストールされたディレクトリをカレントディレクトリとし、safe_mysqldを起動します。


MySQLの自動起動

システムが「/etc/rc.local」を起動スクリプトとして使用している場合、以下のようにその中に記述しましょう。これでシステムが起動するたびに、MySQLも自動的に起動します。

/bin/sh -c 'cd /usr/local/mysql ;
./bin/safe_mysqld &'


mysql.serverのオプション設定

グローバル設定ファイルである /etc/my.cnf に、 mysql.server のオプションを記述することも可能です。

my.cnf ファイルは以下のような記述になっています。

[mysqld]
datadir=/usr/local/mysql/var
socket=/tmp/mysqld.sock
port=3306

[mysql.server]
user=mysql
basedir=/usr/local/mysql

mysql.server スクリプトは以下の変数を使用します。

user, datadir, basedir, bindir , pid-file

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。