SCIENCE

植物はすごい

2016年1月8日
「植物に当たる太陽の光が強ければ強いほど、花の色はどうなりますか?」

答えは「濃い色になる」です。
強い紫外線と太陽の光が当たれば当たるほど、活性酸素の毒を消すために色素を多くつくるため、色は濃くなります。
熱帯地方の植物が鮮やかなのも、日陰で白っぽくなっている観葉植物の葉も紫外線の量が原因です。

根も葉もない植物

ネナシカズラというツル性の植物は根がなく、葉はほとんど退化しています。
相手かまわず他の植物に絡みつき、その植物から栄養を奪うことから寄生植物とよばれているそうです。
栄養は全て宿主から得るため葉緑素を持たず、宿主にとりつくと根もなるなり、葉は退化・・・、ネナシカズラに限らず、寄生植物は調べてみると興味深そうです。

寄生植物で有名なところだとブドウ科の植物に寄生するラフレシアという植物がいます。
ラフレシアは寄生した植物から栄養を奪い、直径1メートルにも及ぶ世界最大といわれる花を咲かせます。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。

株式会社リズムファクトリーでは現在、下記の職種について人材募集を行っております。
求人をクリックすると「求人情報サイトFind Job!」の求人詳細画面が開きますので、こちらからご応募下さい。

提供 : Webな人の求人情報サイト Find Job!