テックラボ

redhat期限切れでyumをCentOSに切り替える

2011年7月12日

まずはCPUとRedhatの情報を確認。

# arch
# cat /etc/redhat-release

wgetコマンドでcentos-releaseとcentos-release-notesをダウンロードします。

wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/os/i386/CentOS/centos-release-5-6.el5.centos.1.i386.rpm
wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/os/i386/CentOS/centos-release-notes-5.6-0.i386.rpm

そしてアップグレード。

rpm -Uvh centos-release-*.rpm

あとはyumをいつもどおり使うだけです。

yum update

早引きyumコマンド http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/611usefllyum.html http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060228/230999/

ついでに、自動的に一番早いダウンロードサーバからパッケージを取得してくれるfastestmirrorプラグインをインストール。

yum install yum-fastestmirror

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。