JavaScriptテックラボ

jQueryを使って画像を縦にスライドさせるチュートリアル

2011年10月27日

jQueryとsetIntervalを使った簡単な画像切替スクリプトを作成してみます。
今回は縦にスライドです。
まずはスタイルシートの設定で、表示領域(画像)のサイズを設定します。


IDがmain-visual2に格納されたオブジェクトを切り替え対象にするので、下記のようにmain-visual2というIDのボックスを用意し、その中に画像を配置します。
アンカーはつけても付けなくても大丈夫です。

最後にJavaScriptを記述します。JavaScriptとStyle設定はHEAD要素に書くといいでしょう。
jQueryを最初に読み込み、ドキュメントが構築された後に実行するように$(function(){})の中にコードを記述します。

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.6.4/jquery.min.js"></script>
<script>
$(function(){
// 切り替え秒数の設定
var sec		= 2000;
// 最初の画像を表示
var index = 0;
// 画像切り替え処理
setInterval(function(){
index++;
// インデックスの初期化
if (index >= $('#main-visual2').children().length) index = 0;
// スクロールのアニメーション
var mt	= 250 * (index) * -1;
$('#main-visual2').animate(
{ marginTop: mt + "px" }
);
}, sec);
});
</script>

コメントを読めば大体の内容がわかる簡単なスクリプトです。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。