Node.js入門

Node.jsでHTTPサーバの作成

2013年10月4日

ブラウザでアクセスすると「Hello World!」というメセージを表示するHTTPサーバを作成します。

まず、任意のディレクトリに以下のコードをapp.jsとして保存します。
Webサーバのドキュメントルート以下である必要はありません。

var http	= require('http');
http.createServer(function (req, res) {
res.writeHead(200, {'Content-Type': 'text/plain'});
res.end('Hello World!\n');
}).listen(8300);
console.log('Server running');

nodeコマンドの引数に作成したファイル名を指定して実行します。

node app.js

ブラウザで「http://localhost:8300/」にアクセスすると、「Hello World!」と表示されることが確認できると思います。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。