5部 関数リファレンス

kill

2011年9月20日
kill LIST

プロセスのリストにシグナルを送ります。LISTの最初の要素には、送信するシグナルを指定してください。シグナル送信に成功したプロセスの数を返します。

プロセスについては用語集「プロセス」、シグナルについては「シグナル」を参照してください。

killの使い方

$cnt = kill 1, $child1, $child2;
kill 9, @goners; 

シェルとは異なり、Perlでは、シグナルに負の数を与えると、プロセスではなく、プロセスグループに対してkillを行ないます。通常は、負のシグナルは用いず、正のシグナルを使うことになります。シグナル名をクォートして使うこともできます。

シェルについては用語集「シェル」を参照してください。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。