5部 関数リファレンス

print

2011年9月20日
print [FILEHANDLE] LIST

printは、文字列、もしくはコンマで区切った複数の文字列を出力します。成功時には、0 以外を返します。FILEHANDLEを省略した場合は標準出力、もしくは出力チャネルに出力、FILEHANDLEを指定した場合はそのファイルハンドルに出力します。デフォルトの出力チャネルをSTDOUT以外にする場合は、selectを使ってください。

printの使い方

open ( FH, ">test.txt" );
print FH "I am NO.1 !";
close ( FH ); 

$,の値があれば、各LIST要素の間に出力されます。

my @array = qw(one two three);
$, = ':';
print @array,"\n";
>one:two:three:

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。