5部 関数リファレンス

semctl

2011年9月20日
semctl ID, SEMNUM, CMD, ARG

System V IPC関数semctlを呼び出します。CMDが、&IPC_STATか&GETALLのときには、ARGは、返されるsemid_ds構造体か、セマフォ値の配列を納める変数でなければなりません。ioctl と同じように、エラー時には未定義値、ゼロのときは"0 but true"、それ以外なら、その値そのものを返します。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。