5部 関数リファレンス

stat

2011年9月20日
stat FILEHANDLE
stat EXPR

FILEHANDLEを通じてオープンされているファイルか、EXPRで指定されるファイルの情報を与える、13要素の配列を返します。statに失敗した場合には、空リストを返します。

statの使い方

($dev,$ino,$mode,$nlink,$uid,$gid,$rdev,$size,$atime,
$mtime,$ctime,$blksize,$blocks) = stat($filename); 

下線だけの_という、特別なファイルハンドルを、statに渡すと、実際にはstatを行なわず、stat構造体に残っている、前回のstatやファイルテストの情報が返されます。

stat の返却値
要素 意味
0 ファイルシステムのデバイス番号
1 i ノード番号
2 ファイルのモード
3 ファイルへのハードリンク数
4 ファイル所有者のユーザID
5 ファイル所有者のグループID
6 特殊ファイルのデバイス識別子
7 ファイルのサイズ(バイト単位)
8 最終アクセス時刻
9 最終変更時刻
10 最終 i ノード変更時刻
11 標準のファイルシステム入出力時の標準ブロックサイズ
12 ファイルに割り当てられてりるブロック数

下線だけの _ という特別なファイルハンドルをstatに渡すと、実際にはstatを行なわず、stat構造体に残っている前回のstatやファイルテストの情報が返されます。

if (-x $file && (($d) = stat(_)) && $d < 0) {
print "$file is executable NFS file\n";
}

(これは、NFSのもとでデバイス番号が負になるマシンでのみ動作します。)

File::statモジュールは、便利な名前によるアクセス機構を提供します。

use File::stat;
$sb = stat($filename);
printf "File is %s, size is %s, perm %04o, mtime %s\n", 
$filename, $sb->size, $sb->mode & 07777,
scalar localtime $sb->mtime;

モード定数 (S_IF*) と関数 (S_IS*) をFcntlモジュールからインポートできます。

use Fcntl ':mode';
use Fcntl ':mode';
$mode = (stat($filename))[2];
$user_rwx = ($mode & S_IRWXU) >> 6;
$group_read = ($mode & S_IRGRP) >> 3;
$other_execute = $mode & S_IXOTH;
printf "Permissions are %04o\n", S_ISMODE($mode), "\n";
$is_setuid = $mode & S_ISUID;
$is_setgid = S_ISDIR($mode);

最後の二つは-u-d演算子を使っても書けます。一般に利用可能なS_IF*定数は以下のものです。

# Permissions: read, write, execute, for user, group, others.
S_IRWXU S_IRUSR S_IWUSR S_IXUSR
S_IRWXG S_IRGRP S_IWGRP S_IXGRP
S_IRWXO S_IROTH S_IWOTH S_IXOTH
# Setuid/Setgid/Stickiness.
S_ISUID S_ISGID S_ISVTX S_ISTXT
# File types. Not necessarily all are available on your system.
S_IFREG S_IFDIR S_IFLNK S_IFBLK S_ISCHR S_IFIFO S_IFSOCK S_IFWHT S_ENFMT
# The following are compatibility aliases for S_IRUSR, S_IWUSR, S_IXUSR.
S_IREAD S_IWRITE S_IEXEC

一般に利用可能なS_IF*関数は以下のものです。

S_IFMODE($mode) the part of $mode containing the permission bits
and the setuid/setgid/sticky bits
S_IFMT($mode) the part of $mode containing the file type
which can be bit-anded with e.g. S_IFREG 
or with the following functions
# The operators -f, -d, -l, -b, -c, -p, and -s.
S_ISREG($mode) S_ISDIR($mode) S_ISLNK($mode)
S_ISBLK($mode) S_ISCHR($mode) S_ISFIFO($mode) S_ISSOCK($mode)
# No direct -X operator counterpart, but for the first one
# the -g operator is often equivalent. The ENFMT stands for
# record flocking enforcement, a platform-dependent feature.
S_ISENFMT($mode) S_ISWHT($mode)

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。