5部 関数リファレンス

utime

2011年9月20日
utime LIST

ファイルのアクセス時刻と修正時刻を変更します。LISTの最初の 2 つの要素に、数値で表わしたアクセス時刻と修正時刻を順に指定します。LISTの残りの要素が、変更の対象となるファイルです。変更に成功したファイルの数を返します。各ファイルのinode修正時刻には、その時点の時刻が設定されます。

utimeの使い方

$now = time;
utime $now, $now, @ARGV;

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。