5部 関数リファレンス

waitpid

2011年9月20日
waitpid PID,FLAGS

特定のチャイルドプロセスが終了するのを待ち、消滅したプロセスのpidを返します。指定したチャイルドプロセスが存在しないときには、-1 を返します。ステータスは$?に返されます。

waitpidの使い方

use POSIX "wait_h";
...
waitpid(-1,&WNOHANG);

上記のようにすると、ブロックが起こらないようにして、任意のプロセスをwaitします。ブロックなしのwaitは、システムコールwait_pidか、システムコールwaitをサポートしているマシンでのみ利用可能です。しかしながら、特定のpidを 0 のFLAGSでのwaitはどこでも実装されています。(exitしたプロセスのステータス値を覚えておいて、Perlがシステムコールをエミュレートしますが、Perlスクリプトには取り入れられていません。)

Comment

  1. いつも、参考にさせて頂いてます。
    細かい事ですが、「waipidの使い方」となっていてwaitpid の t が抜けています。とても完成度の高いサイトなのでユーザーも多いと思い、お知らせいたしました。

  2. ご指摘ありがとうございます!
    修正しましたー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。