3部 CGI リファレンス

環境変数

2011年10月18日
環境変数一覧
ウェブサーバ情報に関する環境変数リスト
GATEWAY_INTERFACE サーバが使用するCGIのレビジョン情報
[書式] CGI/レビジョン
SERVER_ADMIN ウェブサーバの管理者のメールアドレス情報。
SERVER_NAME サーバのホスト名、ドメイン名、またはIPアドレス情報。
SERVER_PORT リクエスト送信に使われたポート番号。
SERVER_PROTOCOL リクエスト送信に使われたプロトコルの名前とレビジョン情報。
[書式] protocol/revision
SERVER_SOFTWARE  CGI プログラム を起動したサーバソフトウエアの名前とバージョン情報。
[書式] name/version
CGI 環境の情報に関する環境変数のリスト
CONTENT_LENGTH POSTから標準入力に送信されたデータのバイト数。
CONTENT_TYPE POSTとPUTなどのクエリに添付されたデータのMIMEタイプ。
[書式] text/html...
DOCUMENT_ROOT 実行されているスクリプトの仮想パス(たとえば "/cgi-bin/program.pl")
PATH UNIXコマンドを起動するディレクトリ。
PATH_ INFO クライアントから送られるエキストラパス情報。
PATH_TRANSLATED ウェブサーバのドキュメントルートに環境変数PATH_INFOを追加した情報。
QUERY_STRING クエリとして送られたURL情報のクエスチョン( ? )以降の情報。データは『URLエンコード』されています。
REQUEST_METHOD リクエストを送信した方法(メソッド)。GETやPOSTなど。
SCRIPT_FILENAME CGI プログラムのファイル名も含めた絶対パス情報。
[例] /home/httpd/cgi-bin/script.cgi
SCRIPT_NAME CGI プログラムのルートディレクトリ以降のパス情報。
[例] /cgi-bin/script.cgi
クライアントに関する環境変数のリスト
AUTH_TYPE ユーザを認証するときに使用する認証メソッド。ウェブサーバとリモートホストがIDENTD認証デーモン(ユーザ認証プロトコル)を実行しているときだけ値がある。
PATH_TRANSLATED CGIプログラムに渡されるエキストラパス情報
HTTP_FROM リクエストを出しているユーザの電子メールアドレス。ほとんどのブラウザでは、この変数をサポートしていません。
HTTP_ACCEPT クライアントが受け付けることができるMIMEタイプのリスト。
HTTP_USER_AGENT クライアントがリクエストを発行するときに使用するブラウザ名
HTTP_REFERER 呼び出し元のURL。アドレスバーからの直接入力、ブックマークからのアクセスの際には値がありません。
REMOTE_ADDR リモートホストのIPアドレス情報。
REMOTE_HOST リモートホストのドメイン名。
REMOTE_IDENT リモートホストのユーザ名。
REMOTE_USER ユーザの認証名。ウェブサーバとリモートホストがIDENTD認証デーモン(ユーザ認証プロトコル)を実行しているときだけ値があります。

※強調した状態コードはよく使われるものです。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。