3部 CGI リファレンス

ステータスコード

2011年10月18日

ステータスコード一覧 HTTP1.1

※強調したステータスコードはよく使われるものです。

100番台 情報
アクセス中の送受信情報。リクエストは受け入れられ、処理を継続します。
100 Continue
101 Switching Protocols

200番台 成功
アクセスの正常終了。要求されたMIMEフォーマットのデータを返します。
200 OK
-リクエストの処理が正常に終了しました。
201 Created
-リクエストされたリソースの作成が成功しました。

新しく作成したリソースのURLを返します。バックグラウンドで長時間の処理が予想される場合は202を使用しましょう。
202 Accepted
-リクエストを受け付けて処理を行っていますが、処理はまだ完了していません。

長時間の処理を行う場合は、このステータスコードでクライアントに待つように指示することができます。
203 Non-Authoritative Information
204 No Content
-リクエストは正しいのですが、返す情報がありません。
205 Reset Content
-入力フォームをクリアしてください。
206 Partial Content
リソースに対する部分的な GET リクエストを受け入れました

300番台 転送
リクエスト対象のリソースが他の場所にあることをさします。リクエストを完了するためには、さらに動作を行う必要があります。
300 Multiple Choices
-リクエストは他の場所にもあります。

リクエスト対象のリソースが複数ある場合は、Location ヘッダをリストとして返します。
301 Moved Permanently
-要求されたリソースは、新しい URL が割り当てられています。

新しい URL を Location ヘッダとして返します。
302 Moved Temporarily/Found
-要求されたリソースは、一時的に別の URL に移っています。新しい URL にリダイレクトします。

新しい URL を Location ヘッダとして返します。
303 See Other
-指定したURLを参照してください。
304 Not Modified
-リクエストされたリソースは更新されていません。

このステータスコードが返されると、ブラウザはキャッシュを使ってローカルにあるリソースを表示します。

ブラウザはウェブサーバにリソースを要求される前に、キャッシュにそのリソースがあるかを調べます。キャッシュにリソースがあった場合は、 If-Modified-Since フィールドを使ってキャッシュの更新日付を送信します。それを受けたウェブサーバは、 If-Modified-Since で指定された日付以降にリソースが変更されていないかチェックし、変更されていなければ、要求されたリソースを送信する代わりにこのステータスコードを返します。
305 Use Proxy
-指定したプロキシを通ってアクセスしてください。
307 Temporary Redirect
-リクエストされたリソースが一時的に移動されています。

400番台 クライアントエラー
クライアント側のリクエストエラー
400 Bad Request
-リクエストに間違ったシンタックスがあります。
401 Unauthorized
-アカウントとパスワードによる認証が必要です。

認証が必要なページへの要求し、認証を行わなかった場合に表示されます。
402 Payment Required
(このステータスコードは予約されたエラー通知です)
403 Forbidden
-アクセス権限がありません。

要求したリソースはアクセスを禁止されています。
404 Not Found
-リクエストされたリソースが見つかりませんでした。

要求したリソースが移動されたか、パスが正しくない場合に返されます。
405 Method Not Allowed
-リクエストに対して無効なメソッドです。
406 Not Acceptable
-リクエストはクライアントが指定できません。
407 Proxy Authentication Required
-プロキシサーバーの認証が必要です。
408 Request Time-out
-リクエストの処理の途中でタイムアウトしました。

サーバの待ち時間の間に、クライアントからのリクエストがなかった場合に返されます。
409 Conflict
-リソースの競合が発生しました。

リクエストがリソースの現在の状態との矛盾している場合に返されます。
410 Gone
リクエストされたリソースは、もはやそのサーバでは利用できないし、転送先のアドレスも分からない。
411 Length Required
412 Precondition Failed。
413 Request Entity Too Large
-リクエストされたリソースのサイズが大きすぎるため、処理を拒否します。
414 Request-URI Too Large
-リクエストのサイズが大きいため、処理を拒否します
415 Unsupported Media Type
-リクエストされたメディアタイプはサポートされていません。
416 Requested range not satisfiable
417 Expectation Failed

500番台 サーバエラー
サーバでのエラー
500 Internal Server Error
-リクエストを実行中に予期しない状態になりました。

リクエストの処理中にエラーが発生した際に、このステータスコードが返されます。
501 Not Implemented
-リクエストを実行するために必要な機能がサポートされていません。
502 Bad Gateway
-アクセス先のサーバーでエラーが発生しました。

プロキシを利用していて、その先のサーバでエラーが発生した際に返されます。
503 Service Unavailable
-サービスを一時停止しています。

このエラーの原因として、サーバーが一時的にビジーであるか、過剰な負荷がかかっていることが考えられます。このエラーが表示されたら、しばらく待ってからアクセスしたほうがよいでしょう。
504 Gateway Time-out
-ゲートウェイ間の通信の途中でタイムアウトしました。

リクエストを受けたサーバがプロキシとして動作している場合で、相手先がタイムアウトを起こした場合に返されます。
505 HTTP Version not supported
-リクエストにあるHTTP プロトコルバージョンをサポートしていない、もしくはサポートを拒否しています。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。