5部 関数リファレンス

srand

2011年9月20日
srand EXPR

rand演算子のためのシード値を設定し、実行するたびに randが異なる乱数列を生成できるようにします。引数を省略すると、srand(time)を実行します。

srandは、randを使う際に自動的に呼び出されるので、明示的に使用する必要はありません。ただし、5.004以前のバージョンのPerlでは明示的に呼び出す必要があります。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。

株式会社リズムファクトリーでは現在、下記の職種について人材募集を行っております。
求人をクリックすると「求人情報サイトFind Job!」の求人詳細画面が開きますので、こちらからご応募下さい。

提供 : Webな人の求人情報サイト Find Job!