Gitテックラボ

git cherry-pickで特定のコミットのみを適用する

2013年12月14日

git cherry-pickはローカルリポジトリに登録された任意のブランチのコミットを適用します。

IDが657150dのコミットを適用
git cherry-pick 657150d

例として、developブランチの1つ前のコミットのみをmasterブランチにコミットします。

・欲しいコミットがあるdevelopブランチに切り替える
git checkout develop
・最新の2件のコミットを確認
git log -oneline -2
602f68d Bファイル削除
657150d Aファイル追加
・masterブランチに切り替える
git checkout mater
・特定のコミットのIDを指定
git cherry-pick 657150d

リモートにあるブランチをcherry-pickしたい場合、まずはfetchしてローカルリポジトリにコミットを取り込みます。

git fetch

fetch後、リモートリポジトリ(=originの場合)のmasterブランチは下記コマンドで確認できます。

git log origin/master -oneline -2
602f68d Bファイル削除
657150d Aファイル追加

あとはローカルブランチと同様にcheery-pickで任意のコミットIDを指定するだけです。

git cherry-pick 657150d

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。