JavaScript

変数

変数の基礎知識

変数は値を保存したり、あとからその値を参照することができます。ここでいう値とは、文字列や数字のことです。値を変数に保存することは、代入と呼びます。

変数は数値や文字列などの値を保存したり、その値を参照することができます。変数の主な操作には宣言代入参照があります。宣言は変数名を定義すること、代入は値を変数に保存すること、参照は変数の値を利用することを意味します。

Graphics by: Vecteezy.com

変数の宣言

変数を使う際にまず行うのは変数の宣言です。変数の宣言は、任意の変数名を指定するだけです。

変数の宣言
x;


上記では変数名xを宣言しています。この時点の変数の値は設定されていないので、未定義を表すundefinedという値になります

宣言していることを明示的にするために、varキーワードなどを使うこともできます。

キーワードを使った変数の宣言
var x;

変数宣言のキーワードを使わなくてもエラーになりませんが、コード量が増えてくるとこのキーワードが重要になってきます。普段からキーワードを使った宣言を習慣づけると良いでしょう。

変数の代入

変数の宣言時に、値を代入することもできます。値の代入は代入演算子と呼ばれる = を使います。

下記では左辺の x が変数で、その変数xに右辺の値が代入されます。右辺の値が代入された結果、変数 x の値は1となります。

// 数値の代入
var x = 1;

変数に代入した値は、他の値を代入しない限り値を持ち続けます。

変数の値には数値以外にも、文字列や論理値などいくつかのデータ型が用意されています。

変数に初期値を設定
//文字型
var a= "ABCDE";

//数値型
var b = 3.1415;

演算子のカンマ( , )を利用して、同時に複数の変数を宣言することも可能です。たとえば、以下のように複数の変数を同時に宣言を行うこともできます。

var a , b, c;
var d=1, e=2;

変数の参照

すでに何度か登場していますが、変数への値の代入には代入演算子( = )を使います。

変数に値を代入
var x = 5;

変数を宣言したら、変数名を使えば呼び出せます。

コンソールで確認しよう
// 変数の宣言と値の代入
var x = 100;

// 変数の参照
console.log( x );

下記の表にある使用例は、コンソールを使って実際に入力して試してみてください。詳しい表記方法はこの後説明します。

使用例
文字型a = "ABCDE"
数値型b = 3.1415
論理型c = false
null型d = null
配列e = [1,2,3]
オブジェクトf = { "a" : 100 }

変数のメリット

変数を利用するメリットはいくつかありますが、特に重要なのは以下の3つだと思います。

  • 同じ値を繰り返し利用できる
  • 変数名で利用目的や意味がわかる
  • 保守性が高い

このうちの保守性については少し説明しましょう。たとえば消費税を0.08として、式の中で直接使ってみましょう。複数個所で使った場合、消費税が変わった際に全ての個所で書き換える必要があります。

x = item_a * 0.08; // 変更が必要
y = item_b *  0.08; // 変更が必要
z = item_a * 2 * 0.08; // 変更が必要

消費税を変数にしておけば、変更する場所は1か所になります。

// 消費税の宣言と設定
tax = 0.08; // 変更が必要

x = item_a * tax;
y = item_b * tax;
z = item_a * 2 * tax;

変数名の規則

変数名は英数字とアンダースコア( _ )を自由に組み合わせて命名できます。ただし、変数名の先頭に数字を使うことは出来ないのでご注意ください。

変数名のルール
// 次の変数名は問題ありません。
var name_01;
var _name_01;

// 数字で始まる変数名は許されていません
var 0name;

大文字と小文字は区別されるため、たとえばaとAという名前は、それぞれ別の変数として扱われます。

変数名の大文字と小文字
var a = 1;	// 変数aに 1 を代入
var A = 2;	// 変数Aに 2 を代入

// 変数aの値に影響はない
console.log( "a:" + a);
console.log( "A:" + A );
a:1
A:2

型の自動変換

変数は文字列や数値などの区別なく代入できます。代入のたびに適切な型変換が行われるので、数値を代入されれば数値型、文字列を代入されれば文字列型に自動的に変換されます。

それでは、値のデータ型を返すtypeof()を使って、変数がどのように変換されるかみてみましょう。次のコードは代入前の変数の型を調べています。

コンソールで確認しよう
var val;
typeof( val );
出力結果

undefined

上記の変数xは宣言しただけで値を代入していないため、データ型はundefinedです。次のコードは文字列を代入しているので、変数xは文字列になります。

コンソールで確認しよう
x = "ABCD";
typeof( x );
出力結果

string

変数xに数値を代入すると、データ型は文字列から数値に変化します。

コンソールで確認しよう
val = 1;
typeof( val );
出力結果

number

数値と文字を演算すると、結果は文字列になります

コンソールで確認しよう
"A" + 1;
出力結果

A1

ハードコーディング
消費税、パスワード、URL、ファイル名、これらの情報をソースコード内に直接書くことをハードコーディングといいます。ハードコーディングされたコードは運用時に問題が顕在化します。

たとえば税率など変更の可能性がる値をコードの中で使っていた場合、使っていた分変更にかかる手間、不具合のリスクは高くなります。将来変更の可能性がある値は定数(値を後から変更できない変数)や変数にして、なるべく一括で変更できるようにするのがベストです。ただ、全てにおいてハードコーディングを避けるのは手間がかかりすぎるので、変更が容易な小さなプログラムや、短期間しか使わないプログラムなどはハードコーディングを無理に避けなくても良いケースがあります。条件を吟味して使い分けると良いでしょう。

ハードコーディングに近い用語に、マジックナンバーがあります。マジックナンバーもソースコード内に直接埋め込まれた値ですが、こちらは主に数値を意味します。作成時はその値の意味がわかっていても、時が経って忘れていたり、他の人が改修をかけた際に、数字の意味がわからないが、正常にプログラムが動く、といったときに皮肉を含めてマジックナンバー(魔法の数字)と呼んでいます。

予約語

予約語は、変数名、関数名、メソッド名、プロパティ名、オブジェクト名などには使用できません。これらの言葉のいくつかは、JavaScript で実際に使われているか、将来使用のためにキープされています。

予約語として指定されているclassを変数名に使うと、エラーになります。

コンソールで確認しよう
class = 12;
結果

Uncaught SyntaxError: Unexpected token '='

予約語一覧
  • break
  • case
  • catch
  • class
  • continue
  • debugger
  • default
  • delete
  • do
  • else
  • enum
  • export
  • extends
  • finally
  • for
  • function
  • if
  • implements
  • import
  • in
  • instanceof
  • interface
  • let
  • new
  • package
  • private
  • protected
  • public
  • return
  • static
  • super
  • switch
  • this
  • throw
  • try
  • typeof
  • var
  • void
  • while
  • with
  • yield

関連記事