Perl

pipe

pipe READHANDLE, WRITEHANDLE



対応するシステムコールと同じように、接続されたパイプのペアをオープンします。パイプでプロセスをループにするときには、よほど気を付けないと、デッドロックは起こります。さらに、Perlのパイプでは、stdioのバッファリングを使いますから、アプリケーションによっては、コマンドごとにWRITEHANDLEをフラッシュするように、$|を設定することが必要になるかもしれません。

関連記事