Visual Studio Code

Visual Studio Code入門

Visual Studio Codeの概要

Visual Studio Code(以降VS Code)はMicrosoftが開発したソースコードエディタです。C#やVisualBasicといったMicrosoft社の開発言語はもちろん、HTML、CSS、JavaScriptといったフロントエンドの言語や、JavaやPython、SQLといった多くの言語をサポートしています。動作環境もWindows、Linux、macOSに対応しており、無料で利用できます。開発者の人気が高く、Stack Overflow 2019 Developer Surveyでは、VS Codeが最も人気のある開発者環境ツールとしてランクインしました。

VS Codeの人気の要因として、コードの自動補完、Emmet、ユーザスニペット、デバッグ、Gitサポートといった豊富な機能や、テーマやキーボードショートカットのカスタマイズ、拡張機能のインストールなどに対応しつつ、軽快に動作するということが挙げられると思います。
なお、Visual Studioという名称がつきますが、同じMicrosoft社製品のVisual Studioとは直接的な派生関係のない製品です。

公式Visual Studio Codeサイト
https://azure.microsoft.com/ja-jp/products/visual-studio-code/

Visual Studio Codeの機能紹介

VS Codeには様々な機能が用意されていますが、特にインテリセンス、ユーザスニペット、デバッグ、Git連携、拡張機能(エクステンション)はコーディングを強力にサポートしてくれます。

インテリセンス

インテリセンスは下記の機能の総称です。

  • コード補完の表示
  • パラメータ情報の表示
  • クイック情報の表示
  • メンバーリストの表示

JavaScript、TypeScript、HTML、CSS・Sassなどの言語は標準でサポートされています。対応していない言語も拡張機能で追加可能です。

ユーザースニペット

ユーザースニペットは、ユーザが用意した定型文を素早く呼び出せる機能です。

デバッグ機能

いくつかの言語は標準でデバッグ機能が搭載されていますが、JavaScriptも拡張機能により、Chromeと連携してデバッグが行えるようになります。

Git連携機能

バージョン管理システムのGitとの連携機能が実装されています。

拡張機能のインストール

多種多様な拡張機能が用意されています。VS Codeから直接インストールできますが、マーケットプレイスと呼ばれるサイトも用意されており、そこで様々な拡張機能が公開されています。

Visual Studio Codeのインストール

VS Codeの公式ページにてダウンロードできます。

公式ダウンロードページ
https://code.visualstudio.com/download

ダウンロードごはインストールファイルを実行し、ウィザードに従ってインストールを進めていきます。インストールは簡単ですが、手順を確認したい方は下記を参考にしてみてください。

https://www.google.com/search?q=Visual+Studio+Code+%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB&oq=Visual+Studio+Code+%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB

Visual Studio CodeのUI

VS CodeのUIは5つの領域に分かれています。

  • サイドバー
    アクティビティバーの操作により、エクスプローラーや検索、ソース管理などのさまざまなビューが切り替わります。
  • エディタグループ
    ファイルを編集するためのメインエリアです。
  • パネル
    エラーや警告、出力結果、ターミナル、デバッグコンソールなどを表示します。
  • ステータスバー
    プロジェクトとファイルに関する情報を表示します。
  • アクティビティバー
    サイドバーのビューを切り替えます。
    • エクスプローラ:開いているファイルを一覧表示します。
    • 検索:プロジェクト内のファイルを検索、置換します。
    • ソース管理: Gitと連携します。
    • 実行:プログラムの実行とデバッグを行います。
    • 拡張機能:拡張機能の検索、インストールを行います。

ミニマップ

エディタエリアの右側に表示されるのがミニマップ(コードアウトライン)です。ミニマップは、ソースコードの概要を示します。ミニマップ部分をクリック、もしくはドラッグすると、任意のセクションにすばやく移動できます。

パンくずリスト

エディターの上部には、パンくずのナビゲーションバーがあります。フォルダ、ファイル、シンボルをクリックすることですばやく移動できます。

フォルダやファイルをクリックすると、その階層にあるファイルやフォルダが表示され、クリックすることで任意のファイルを開くことができます。シンボルは上記の画像だとaと&:visited部分で、クリックすると該当する行に移動します。

エクスプローラ

サイドバーに表示されるエクスプローラは、プロジェクト内のフォルダを開いたり、ファイルを参照することができます。

VS Codeでフォルダーを開くと、フォルダーの内容がエクスプローラに表示されます。エクスプローラエリアでは、下記のことが行えます。

  • ファイル・フォルダの作成、削除、および名前変更が可能です。
  • ドラッグアンドドロップでファイルとフォルダーを移動できます。
  • ファイルをエクスプローラにドラッグ&ドロップしてコピーできます。
  • コンテキストメニューを使用して、すべてのオプションを確認できます。

エクスプローラには「開いているエディター」、現在開いているプロジェクト(下の画像ではSMART-TWO)、「アウトライン」、「タイムライン」といったビューがあります。

開いているエディター

[開いているエディター]ビューには、エディタエリアに表示されているファイルが表示されます。タブと同じ機能なのでこだけだとあまり意味がありませんが、同エリア内の右上にマウスポインタを置くと、3つのアイコンが表示されます。そのうち一番右のアイコンが[すべのエディタを閉じる]ボタンで、簡単に全エディタを閉じれて便利です(ショートカットでも閉じれます)。

アウトライン

アウトラインは、現在アクティブなエディターのシンボルツリーが表示されます。

ファイルがSCSSであれば、アウトラインは強力です。ファイルにあるすべてのクラス階層が表示され、クリックで該当のクラスにすばやく移動できます。

関連記事