Samba

Sambaインストールガイド

ここではrpmを使用するRedHat系Linuxを対象にして説明していきます。この方法には、開発環境(Cコンパイラ、makeコマンド、patchコマンドなど)が必要ですので、これらがインストールされていなければインストールして下さい。

これからの作業は、すべてrootユーザで行います。


Sambaの確認

最初に、LinuxにSambaがすでにインストールされているか、確認しましょう。
すでにインストールされていたらバージョンを確認して、バージョンが古いようであれば、アップデートしたほうがよいでしょう。

以下のコマンドで確認できます。

rpm -q Samba

バージョンが古くて、アップデートするよりも削除したい場合は、下記のようにSambaを停止し、rpmコマンドを使って削除します。

/etc/rc.d/init.d/smb stop
rpm -e Samba


インストール

お使いのディストリビューション用のRPMを
ftp://ftp.samba.gr.jp/pub/samba-jp/
からダウンロードしましょう。


ftp://ftp.samba.gr.jp/pub/samba-jp/
にアクセスした際のファイルとディレクトリ

1.ダウンロードしたいバージョン名が表記されたディレクトリ(ここではsamba-3.0-ja)を選択


2.RPMをダウンロードするので、RPMSディレクトリを選択
※ソースファイルはSOURCEディレクトリ、ソース付きRPMはSRPMSディレクトリになります。

3.OSがRedHatの場合はRedHat9ディレクトリを選択

4.LIBICONVディレクトリを選択

5.samba-3.0.0-2iconv.i386.rpmをダウンロード

ダウンロードしたファイルが「samba-3.0.0-2iconv.i386.rpm」であれば、下記のようにファイル名を指定してインストールします。

rpm -ivh samba-3.0.0-2iconv.i386.rpm

これでインストールは完了です。

アップデートする場合は、rpmコマンドのオプションが多少変わります。

rpm -Uvh samba-3.0.0-2iconv.i386.rpm


Samba用パスワードファイルの作成

インストールが終わったら、次はSamba用のパスワードファイルを作成します。
サーバOSがUNIXであれば、すでにパスワードファイル(/etc/passwd)がありますが、Samba用に別途作成する必要があります。

専用のシェルスクリプトが用意されているので、以下のコマンドを実行するだけです。

# cat /etc/passwd | mksmbpasswd.sh >
/etc/smbpasswd

Samba用のパスワードファイルができたら、root以外のユーザーがアクセスできないように、属性を変更します。

# chmod 600 /etc/smbpasswd

最後に、Sambaのパスワードを設定します。

# smbpasswd user_name

これで、WindowsからLinuxのホームディレクトリがアクセスできるようになります。それでは、Sambaを起動しましょう。

# /sbin/service smb start
Starting SMB
services:                                     [ OK ]
Starting NMB
services:                                     [ OK ]

関連記事