5部 関数リファレンス

lstat

2011年9月20日
lstat FILEHANDLE
lstat EXPR

stat関数と同じことをしますが、シンボリックリンクが指しているファイルではなく、シンボリック自体のstatをとります。シンボリックリンクがシステムに実装されていないと、通常のstatが行なわれます。

シンボリックリンク
ファイルやディレクトリを、本来の位置やファイル名とは別の位置や名前でアクセスするための手段です。Windowsではショートカットと呼ばれています。

lstatの使い方

($dev,$ino,$mode,$nlink,$uid,$gid,$rdev,$size,$atime,
$mtime,$ctime,$blksize,$blocks) = lstat($filename);  

詳しくはstatを参照してください。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

リズムファクトリーはホームページの制作会社です。
ホームページ制作に関するご要望・ご相談はこちらからどうぞ。